電話

03-6722-0036

メール

info@tpoo.jp

営業時間

9:00 - 18:00 無休

脚の裏の毛とつめが長いと床を歩くときにすべってしまいます。

脚の裏の毛やつめが伸びていると、犬はとても歩きにくいですし、散歩のときに脚の裏が汚れてしまいます。3週間に1回くらいは切ってあげるようにしましょう。

3週間に1回

用意するもの

つめ切り

やすり

止血剤

ペット用バリカン

つめ切りとやすりを用意します。つめを切りすぎてしまったときのために、止血剤も準備しましょう。足の裏の毛はハサミで切ってもいいですが、ペット用のバリカンを使うと楽です。

1

人差し指と親指で、犬の脚の裏の肉球を開きます。バリカンは肉球の形に沿って、V字型に入れます。

2

肉球と肉球の間にバリカンを入れて、はみ出ている毛を少しずつ切っていきます。上の写真くらいまで切れば十分です。

3

つめには血管が通っているので、切りすぎると出血します。イラストを参考に、つめを切りすぎないようにします。

4

親指と人差し指で犬のつめの根元を押さえると、つめが出るので切りやすくなります。

5

つめを切りすぎないように、写真を参考に少しずつつめを押さえながら切っていきましょう。

6

つめの血管を切ってしまったら、つめをぎゅっと押さえながら、止血剤のパウダーをつめの断面に詰め込みます。

7

仕上げにつめをやすりで整えます。やすりは、つめの切り口の角をけずるように使います。

POINT

つめを切るまねから始める

犬がつめ切りをいやがって暴れるときは、つめ切りをつめに当てるまねごとから始めます。つめ切りをつめに当てても、犬にとって怖いことは起こらないことを教えましょう。飼い主がどうしても自分で犬のつめを切れないときは、トリマーにまかせてもかまいません。