電話

03-6722-0036

メール

info@tpoo.jp

営業時間

9:00 - 18:00 無休

耳の中をきれいにしておけば中耳炎や外耳炎を予防できます。

プードルは耳がたれているので、耳の中がむれて中耳炎や外耳炎になりやすいです。耳の中をのぞき、毛が伸びていたり汚れていたりしたら手入れをしましょう。

2週間に1回

用意するもの

イヤーパウダー

イヤーローション

鉗子(かんし)

綿棒

耳の手入れには、市販されているイヤーパウダー、イヤークリーナーと鉗子、綿棒を使います。

BEFORE

耳をめくり、耳あかがたまっていたり、耳毛が伸びていたりしたら手入れをします。2週間に1回を目安にしましょう。

1

犬を台にのせて、頭を押さえながら耳の穴を広げ、耳にイヤーパウダーをまんべんなく入れて軽くもみます。

2

鉗子を耳の中に入れて耳毛をはさみ、上に引っばって抜きます。目立つ部分の毛だけを抜けば十分です。

3

鉗子を耳の中に入れることが怖い場合は、目立つ部分の毛だけを指で引き抜きます。

4

耳アカをふやかすため、犬の耳の入り口から、イヤーローションを2、3滴たらします。

5

イヤーローションをたらした犬の耳を両手で軽くもんで、よくなじませます。こうすると、耳アカが取りやすくなります。

6

犬の首をうしろから固定して、耳の中を露出させます。犬のうしろから、利き手で耳そうじをしましょう。綿棒は、耳の奥まで入れたり、ゴシゴシと耳の中をこすったりしないように気をつけて使います。

AFTER

同じ要領で、もう片方の耳もきれいにします。耳の中を傷つけないように気を配りましょう。手入れをしたあとの耳は、においもなくなります。

POINT

耳の毛を抜くのはシャンプーの前に シャンプーをする前に耳の毛を抜き、耳の中にイヤーローションを入れておきましょう。毛をブローした後に耳そうじをすると、耳アカがふやけていて取りやすくなります。