電話

03-6722-0036

メール

info@tpoo.jp

営業時間

9:00 - 18:00 無休

毎日の地道な歯みがきで歯石や歯周囲炎を予防しましょう。

歯垢を放置するとミネラルやカルシウムが沈着して石灰化し、歯石になります。歯石は歯周囲炎などの原因となるので、歯みがきで犬の歯を守りましょう。

毎日

用意するもの

歯ブラシタイプ

ガーゼタイプ

歯ブラシタイプ、指に巻いて使うガーゼタイプの歯みがきが市販されています。使いやすいほうを選びましょう。

1

犬の顔をうしろから固定して、口に手を当てて開きます。歯みがきをつけた歯ブラシを、歯のすみずみまで当てます。

2

ガーゼタイプの歯みがきは、ハサミでガーゼを切ってから指に巻きつけて使います。

3

犬の顔をうしろから固定して、利き手の逆で犬の上唇を開け、利き手でガーゼを歯に当ててみがきます。

歯みがきをいやがる犬におすすめのグッズ

歯みがきをしようとすると、犬が暴れてしまってどうしてもできないという場合は、市販の口臭消しやガムを与えましょう。歯ブラシやガーゼを歯に直接当てるよりも効果は落ちますが、歯垢が歯石へ進行するのを多少は抑えることができます。

ペットキス

マウスクリーナー

犬の飲み水に混ぜて使います。亜鉛とグリセリンの働きで、歯垢や口臭の原因となるバクテリアの働きを抑えます。ペットショップなどで販売されています。

ペットキス

ブレスフレッシュナー

天然のひまわり油の働きで、口臭をやわらげてくれます。ドッグフードに2~4滴ふりかけて与えます。ペットショップなどで販売されています。

ビルバック

犬・猫用オーラルスプレー

獣医師から処方されるスプレーです。前歯、奥歯、歯ぐきにスプレーして使います。使用については、かかりつけの獣医師に相談してください。

ビルバック

C.E.Tベジタルチュウ

獣医師から処方されるデンタルガムです。1日1枚を目安に、おやつがわりに与えます。使用については、かかりつけの獣医師に相談してください。

POINT

最初はやさしく触れる

歯みがきにならすため、最初は口のまわりにやさしく触れることから始めましょう。犬がおとなしく口のまわりに触らせたら、おやつを与えてよくほめます。徐々に、口の中に触ったり、口にガーゼを入れるまねごとをしたりして、歯みがきへとステップアップしていきましょう。

ATTENTION

ゴシゴシとみがかない

歯みがきは毎日行ないますが、ゴシゴシとこすると歯ぐきから出血し、犬が歯みがきをきらいになってしまいます。毎日みがいていれば、歯ブラシやガーゼを当てるだけで歯垢を落とせます。力を入れるのではなく、口全体にまんべんなく歯ブラシやガーゼを当てるようにしましょう。