電話

03-6722-0036

メール

info@tpoo.jp

営業時間

9:00 - 18:00 無休

ワクチン接種が犬を守ります

現在では、犬のウイルス性伝染病のほとんどに対してワクチンがあり、混合ワクチンとして接種されています。ワクチンの多くは、何種類かの病気に対応した混合ワクチンです。生ワクチン(弱毒化したウイルスを使用)と不活化ワクチン(不活性化したウイルスを使用)があり、作用に違いがあります。成犬の場合は、1年に1回の接種が推奨されています。接種の時期は、かかりつけの獣医師に相談してください。

子犬は2~3回の接種が必要です

子犬が最初にワクチンを接種する理想的な時期は、子犬が母犬から胎盤や初乳を通じてもらう抗体がなくなる時期です。その抗体のおかげで子犬は病気から守られていますが、抗体が残っているとワクチンを接種しても予防効果がありません。子犬から抗体がなくなる時期に予防接種をしますが、その時期には個体差があります。そこで、子犬のときはワクチンの効果を確実にするために2~3回接種します。どのワクチンをいつ接種するかは、子犬の生まれた環境を加味して、獣医師が決めます。

はじめて動物病院に行くときは、接種したワクチンがあれば証明書を持参してください。獣医師は証明書を参考に、接種プログラムをつくります。

狂犬病は現在も世界各国で発生しています

狂犬病はウイルスで伝染する人獣共通感染症です。現在でも日本、オセアニア、イギリス、台湾などを除く世界各国で発生しており、WHO(世界保健機関)の報告によれば、毎年数万以上の人と犬が死亡しています。日本では、生後3か月以上の犬に対して、法律で毎年1回の予防接種が義務づけられています。

初回の注射時に登録をし、鑑札と注射済票が交付されます。だ円の鑑札に刻印してある登録ナンバーは全国共通で、生涯有効です。長方形の注射済票は、毎年接種時に更新されます。予防接種は、市町村などの公的機関が設置する集合注射会場、または動物病院で実施します。

犬の伝染病一覧病原体発熱元気消失下痢嘔吐備考
パルボウイルス感染症ウイルス 白血球減少
ジステンパーウイルス感染症ウイルス神経症状
アデノ1型ウイルス感染症ウイルス   肝障害
アデノ2型ウイルス感染症ウイルス   
コロナウイルス感染症ウイルス  白血球減少
パラインフルエンザウイルス感染症ウイルス   
レプトスピラ感染症細菌  黄疸、腎障害

Column

体を触るとかむ、留守番のときにほえるなどの問題行動は獣医師に相談をしてください

問題行動の原因はケガ?精神的な不安?

問題行動をする犬は、獣医師が犬を診察して精神的・肉体的な原因を突き止めることも大事です。たとえば、抱くと飼い主をかむ大は、体のどこかが痛くてかんでいるのかもしれません。この場合は、しつけや訓練による行動の修正よりも、痛む部分の治療が優先されます。

治癒後もかむようなら、しつけや訓練による行動療法や、犬を飼っている環境を改善したり、避妊や去勢手術をしたりするなどの治療に入ります。甘えん坊で神経質な性格のトイ・プードルは、恐怖症、不安症、ほえ、さまざまな場所での排せつなどの問題行動をすることがあります。行動療法を行なう動物病院が徐々に増えています。犬の問題行動に悩んでいる人は、かかりつけの獣医師に相談してください。

精神的な不安からくる夜鳴きにはD.A.P.リキッドが効果的

犬の精神的な不安が問題行動の原因となっているときは、「D.A.P.リキッド」という製品が効果的な場合があります。D.A.P.リキッドは、出産後3~5日の母犬が乳腺付近の皮脂腺から分する「鎮静フェロモン」の化合物として開発された製品で、犬をリラックスさせる効果があります。はじめて子犬を迎えた日に、犬が精神的な不安から夜鳴きをすることがありますが、この製品を使うと落ち着きます。精神的な不安を原因とする破壊活動や無駄ぼえ、さまざまな場所での排せつ、飼い主と離れると不安から激しくほえる分離不安の場合にも効果があります。問題行動に悩む飼い主の手助けにはなりますが、獣医師で処方される製品なので、かかりつけの獣医師に相談してください。

分離不安の大は飼い主のが見えなくなると、すさまじい勢いでほえさけんで、飼い主をさがします。 D.AP.リキッド(写真左)と拡散器(写真右。いずれも株式会村ビルバックジャパン)。拡散器にD.A.Pリキッドを装着してコンセントに差し込むと、D.A.P.リキッドの中に含まれているフェロモンが部屋に広がります。