電話

03-6722-0036

メール

info@tpoo.jp

営業時間

9:00 - 18:00 無休

サロンのシャンプーテクニックを学べば、家のバスルームでツヤツヤヘアに!

フワフワで美しいスタイルを保つには、定期的なシャンプーとリンスが不可欠です。自宅のバスルームで美しく仕上げるコツを紹介します。

2週間に1回

用意するもの

シャンプー

リンス

泡立て機能がついた容器

シャンプーはパッケージに記載された割合で薄めます。バラエティショップなどで売っている、泡立て機能がついた容器に薄めたシャンプーを入れておくと便利です。

1

36~37度くらいの、人間では「ぬるい」と感じるお湯をしっぽの先からかけていきます。

OK

2

うしろ脚、胴体、首筋へ、犬の毛の根元からもみこむような感じでお湯をかけます。シャワーヘッドをぴたりと犬の肌につけ、体にそってすべらせるようにするのがポイントです。

NG

シャワーヘッドを肌からはなすと犬がいやがります

シャワーを犬の肌から離してお湯を当てると犬がいやがります。シャンプーがきらいな犬になってしまうので、シャワーへトッドはかならすぐの肌にぴたりとつけて使いましょう。

3

肛門の周辺には、悪臭がする分泌物が入った肛門腺があります。利き手で犬の肛門の両わきを押さえてしぼります。液体が出ないときは、無理をしてしぼらなくても大丈夫です。

4

親指と薬指で犬の両耳を押さえます。シャワーヘッドを頭皮につけて、体にそってすべらせるようにお湯をかけます。

5

あらかじめ薄めたシャンプーを入れておいた容器から、シャンプーを手に取ります。泡を、背筋から首筋、うしろ脚、しっぽ、前脚へとかけていきましょう。両手で犬の毛をブラッシングするように、毛の流れにそってもみこむようにシャンプーをします。ごしごしとこするのではなく、軽くマッサージをしてあげるような感じで洗うのがコツです。おしりはデリケートな部分ですから、特にやさしく洗いましょう。

犬の脚を持ち上げて、肉球の間に指を入れてすべらせるようにしながら、ていねいに犬の脚の裏を洗います。わきの下や胸も汚れやすいので、しっかりと洗いましょう。犬の前脚を持って犬を立たせ、わきの下から胸にかけて、手のひらをブラシのように使いながら洗います。

ATTENTION

犬の目に注意

目はとても弱い部分です。目のまわりにはシャンプーをかけず、手についた泡でやさしく洗うようにします。シャンプーを流すときは、シャワーを直接目に当ててはいけません。

7

耳の裏、耳のふちから耳の下へとていねいに洗います。泡が入らないように、耳の穴に指を添えるといいでしょう。頭頂部は、前からうしろに向かって、頭頂部の毛をなぜあげてマッサージをするように洗います。

8

目に泡が入らないように気をつけながら、目の下の部分を洗います。犬が暴れないように、あごを手でしっかりと固定します。テディ・ベアカットにしている場合は、鼻のわきのひげの部分にもシャンプーをつけて洗いましょう。顔を洗い終えたら、頭頂部にそってシャワーヘッドをすべらせながらお湯を流します。頭頂部から流れてくるお湯で、目の中もすすぎます。わきの下、おなか、おしりも念入りに洗い流しましょう。

洗面器にリンスを10mlほど入れて、洗面器いっぱいにお湯を注いで薄めます。リンスはごく薄くても十分です。洗面器から手で薄めたリンスをすくって、全身にまんべんなくふりかけます。

POINT

リンスはさっとかけるだけ

犬の毛の表面に膜をつくって、毛の美しさを保護することがリンスの目的です。犬の地肌にリンスをつけてもみこむと、犬の毛穴をふさぐ原因になります。薄めたリンスをさらりとかけてから、すぐにすすぐぐらいがちょうどいいでしょう。

10

犬の首から下にお湯をかけてすすぎます。のどの下やわきの下で手に水をためて、全身にバチャバチャとかけましょう。ぬるぬるした感しがなくなるまで、ていねいにお湯をかけてすすぎましょう。すすぎ残しがあると湿しんなどの原因になるので、念には念を入れて洗い流します。

11

すすぎが終わったら、タオルを当てる前に、毛を手でぎゅっとしぼりましょう。耳に息を吹きかけると、犬が体をぶるぶるとふってくれるのでタオルで乾かしやすくなります。最後に、頭部からしっぽにかけて、タオルでやさしく水分をぬぐいます。