電話

03-6722-0036

メール

info@tpoo.jp

営業時間

9:00 - 18:00 無休

トイ・プードルの狩猟本能を刺激する「モッテコイ」を教えながら楽しく遊びましょう

猟犬だったスタンダード・プードルを小型化したトイプードルは、ものを運ぶのが大好きです。狩猟本能を刺激しながら、遊び感覚で「モッテコイ」を教えましょう。

1. 子犬にリードをつけます。犬が好きそうなオモチヤを、犬の目先で動かして興味を引きます。
このときに、オモチャを「子犬の獲物=ウサギなどの小動物」のように動かすと、子犬は興味を示します。

2. オモチャを子犬の近くに、ポンと軽く投げてあげます。乱暴に投げてはいけません。

3. 子犬がオモチャを追ったときはもちろん、首や目をオモチャの方向へ動かしただけでも、子犬の体をやさしくなでます。
「イイコ」と声をかけながら、大げさにほめてあげましょう。

4. 犬がオモチャをくわえたら、「オイデ」と声をかけながらリードをゆっくりとたぐりよせます。けっして強く引っ張ってはいけません。

POINT~オモチャは犬の近くに投げましょう

子犬がモッテコイを覚えはじめたからといって、オモチャを遠くへ投げてはいけません。
オモチャは子犬の近くに投げて、「飼い主のところまで持って行ったらほめられる」という経験を、子犬にたくさん積ませましょう。

5. オモチャをくわえた子犬が足元までやってきたら、子犬の首輪を持ちます。体を十分になでながら、「イイコ」と声をかけてほめましょう。
このときは、けっしてオモチャに手をかけません。ほめている最中に子犬はオモチャを放すでしょうが、しばらくはほめ続けましょう。

6. 十分にほめた後、「すごくかっこよかったから、もう一度見せて」という気持ちで、1~5を繰り返します。